theo(テオ)にかかる税金

投資をするときに忘れがちなのが税金です。
なにか利益を得たならその利益に対して課税されます。
これについてtheo(テオ)はどうかというと、やはり課税はあるのですが他のロボアドバイザーに比べてもいい評判が多いです。

知っておきたいtheo(テオ)の税金の特徴なのですが、源泉徴収がされる特定口座を選べます。
このおかげでtheo(テオ)を使っているとき税金への対応をしなくてもよくなるのです。
どういうことかというと、もしこのサービスを使っている中で税金への対応が必要になるような収益が出た場合、theo(テオ)がその収益から税額を計算し、天引きしてくれるのです。
その天引きしたお金は一時的にサービス側で預かる形となりますが、期日までに税務署まで納税してくれます。
つまり本来なら利用者が自分でやらないといけない税務を代わりにやってくれるのです。
そのためtheo(テオ)の源泉徴収付きの特定口座を使う限りは、利用者は自分で税金への対応をしなくてよくなります。
この点は口コミでもかなり評判です。

なぜなら自分で税務をやるのはやはり負担だからですね。
税金の対応をもし自分でやるなら確定申告をやることになります。
年に1回申告手続きをやるだけですが、このときには間違いがないように自分で申告内容をまとめないといけません。
そのためには年間の取引で得た利益を正確に集計する必要がありますし、そこに対してかかる税金の計算ももちろん正確にやらないといけません。

そして税額さえわかればいいのではなく、それを申告書類に正しくまとめる必要もあります。
必要な対応が多いため自分でこれに対応するにはどうしても手間がかかります。
theo(テオ)を使えばこの手間が丸々省けるのです。
そのため口コミでも評判になっているのですね。
また、税金への対応は手間がかかるという以前にまったくやり方がわからない、自信がないといった方も多いでしょう。
そのような方からはとにかくtheo(テオ)の方で全部の手続きをやってもらえるのは本当にありがたいと評判です。

このようにtheo(テオ)を利用して利益を上げると税金がかかるのですが、それの対応をこのサービスなら自動化できるため口コミでも人気です。
ほかのロボアドバイザーと比較してもこの点はtheo(テオ)の大きな特徴になっていますね。
なぜなら源泉徴収付きの特定口座とはどんなロボアドバイザーにも絶対にあるものではないためです。
これがない場合、利益にかかる税金は原則利用者が自分で対応しないといけません。
そのようなロボアドバイザーに比べてtheo(テオ)では税金での対応については口コミでもかなり人気です。