theo(テオ)で損失はある?

theo(テオ)で損失はあるのでしょうか?
これは気になりますよね。
投資をする以上は利益を得るのが目的で、投資したお金が取り戻せなくなるといったことは基本的に避けたいでしょう。

AIが運用の手間を肩代わりする以上は損失など出ないのではと思うかもしれませんが、実は違います。
損失の可能性はあります。
これはAIが代わりにやるだけで投資になることに違いはありません。
そしてそれが投資になる以上、損失が出る可能性はどうしても避けられないのです。
損失が出るのは元本割れしたときですね。
100万円投資して運用していたものの、運用を終了した時点で自分が持っている金融商品の価値が100万円未満しかないと、投資したお金が戻ってこなくなるわけです。
その時点までで得た分配金でその差額を埋められればいいのですが、それを埋めきれなかった場合、投資したことでむしろ損したことになるのですね。

このような可能性はtheo(テオ)でもありえます。
そのため損失の可能性はよく確認の上で利用すべきサービスとなるのです。
この点はtheo(テオ)だけのデメリットなどではありません。
そのほかのロボアドバイザーでも損失の可能性のないサービスは基本的にありません。
どれもAIが代わりに運用を行ったり、投資プランを立てたりすることだけが特殊なだけで、投資になることは変わらないからです。
それが投資になる以上は損失の可能性は常にあります。
元本割れするリスクがある代わりに不労所得を得られる可能性があるのがこれら投資となります。
この点はよく確認しておきましょう。

しかしこれは基本として、損失がよく出るロボアドバイザーなどあまり使いたくありませんよね。
これまでのところでtheo(テオ)の実績はどうかというと、実際には利益を出している実績も多いです。
まったく損失を出したことがないわけではありませんが、少なくとも損失が多くてあまり利用をおすすめできないといったことはありません。

実際にこれを利用して利益を出せている方などもおられます。
そのため口コミでも喜びの声もあります。
実績を出せた方などtheo(テオ)に完全に運用を任せており、自分では特に運用などしていない中で利益を得られた形になりますから、利用してよかったという声も多いです。

損失についての口コミもあるのでしょうか?
これもないわけではありませんが、短期間で運用を終了した方などやや損失が出たという声もあります。
また、長期間運用して利益を出せた方でも一時的に資産がマイナスになっていたという声もありますね。
このように一部損失についての口コミもありますが、数としてはあまり多くありません。
ただ、損失が出る可能性については知っておくといいでしょう。