ロボアドバイザーの比較

ロボアドバイザーもいくつかありますから、それぞれのサービス間での比較が大事ですよね。
その比較をすると各ロボアドバイザーの特徴もよくわかります。

まず自動運用ですが、これを比較するとtheo(テオ)はもちろん可能ですし、ほかにもウェルスナビをはじめいくつかの主要ロボアドバイザーで対応できます。
これはロボアドバイザーになる以上は当然と思うかもしれません。
しかし実はこれができないロボアドバイザーもあるのです。

たとえばあるロボアドバイザーなど、こちらは自動運用はできません。
では何ができるのかというと、投資プランの提案となります。
どのようなプランで運用すると利益が出るか、その点をAIが計算して提案してくれるのです。
それを見て利用者は投資を始める形となります。
自分で投資プランを考えなくてもいい点は大きなメリットとなりますし、運用を自分でやる形となるために手数料も格安です。
このようなロボアドバイザーもあるのですが、自動運用をしたい方には不向きとなりますね。
ちなみにこちらのロボアドバイザーも主要な種類の1つとしてよく名前は挙がっています。
そのような種類でも比較するとこのような違いもあるためよく確認しておくといいでしょう。

次に運用期間についてです。
利用者も増えてきているロボアドバイザーですが、本当に問題なく使えるのか、初めての方は不安もありますよね。
そういうときに比較したいのが運用期間です。
theo(テオ)やウェルスナビなどはすでにサービス開始から2年以上が経っています。
この間にサービス休止になることなく運用が続いています。
この点はロボアドバイザーの運用実績として比較的評価できるポイントになるでしょう。
その他のサービスを比較すると、先のサービスよりは運用期間が短いものも見つかります。
安心できるサービスを探しているときなど、ロボアドバイザーの中でも運用期間の長いサービスを選ぶという方向もおすすめです。

このほか、利用開始できる最低投資額はいくらかも比較すると違いがあるのがよくわかります。
theo(テオ)はこれが1万円となり、ロボアドバイザーの中では比較的少額から始められる方です。
人気の高いウェルスナビはどうかというと、これは10万円からスタートなります。
比較的高額ですね。
そのほかのサービスもこの点は違いがあり、ウェルスナビと同じく10万円からというサービスもありますし、もっと高額になる場合もあります。
このようにロボアドバイザーを比較すると違いも大きいですから、利用前によく比較してみるといいでしょう。